彼ともう一度やり直したいと願いながら

04374418歳の夏、仲の良かったクラスメイトの男友達と、海に行く計画を立てていました。

車を持っている友達を連れてくるよ!そう言って、待ち合わせ場所に連れてきたのが、彼との最初の出会いでした。

彼は藤井フミヤ似のイケメンで、黒のスカイラインに乗っていました。車高は低く、エンジン音もドルンドルンうるさい...始めはヤンキーかと思って身構えたけど、彼曰く走り屋だそうでした。

とても目立つ車で緊張していましたが、海に行くまでの間、沢山の話しをしてくれました。彼の話は私の知らない世界のことばかりで、とても魅力的でした。

私は、すぐに彼のことを好きになってしまったのです。暫くして彼の方から連絡があり、付き合って欲しいと言われたのですが、今まで告白されたこともなかった私、嬉しくてたまりませんでした。

休日になると1時間かけて家まで来てくれ、誕生日やクリスマスには花束とプレゼントをもらいました。毎日がとても幸せでしたね。

彼と付き合い始めて1年半が経った頃、卒業と同時に引っ越すことになりました。それでも今までも遠距離恋愛だったから、大丈夫だと思っていたのです。この関係は、変わらないと思っていました。

でも、関係はすぐに壊れ始めてしまったのです。休みが合わず会えない日が続き、電話をしても沈黙の時間が増え、お互い気まずくなっていきました。

そして、電話もしなくなり、これが自然消滅というものなのだろうと分かりました。ただ、いつまでも彼への未練だけは残っていました

元の関係に戻れたら良いのにと願いながら、彼からの電話を待ちました。でも、私の願いは叶うことは無かったです。

1年後、クラスメイトから彼に新しい彼女がいることを聞きました。優しくマメでハンサムな彼、戻れない時間に再び私は涙しました。

今、好きな人は出来たのだけれど、どうしても彼と比べてしまうのです。彼じゃないのは分かっているのに、まだ、彼の余韻に浸りたい自分がここにいます

コメントを残す