先生への叶わぬ想い

わたしは高校時代、学校の先生を好きになりました。

当時30歳だった先生は自分より15歳年上で、とても大人で憧れのような気持ちを持ったのです。

その先生は非常勤の先生だった為、学校には限られた曜日だけ出勤していました。先生に会いたくて、休み時間になるとおしゃべりしに職員室へ行ったりしてたんです。

なので、先生が来る曜日になると、朝から髪型も気合を入れて可愛くブローしたりして頑張っていました。

そして、先生とたわいもないことをおしゃべりするだけで、ドキドキで幸せな気分になっていたのです。きっと先生にも好きな気持ちは、バレバレだったと思います

しかし、好きと言う気持ちを言葉にして伝えることが無いまま、卒業を迎えてしましました。

それではあまりに後悔が残ると思い、最後に先生に想いを綴った手紙を渡したのですが、この恋はそれ以上は発展せず、卒業とともに終わりをつげました。

先生への恋は実りませんでしたが、今思い出してもあの時の純粋な気持ちは、まさにわたしの青春だったなと思います

コメントを残す